2020年初撮り

カメラ 沖縄

2020/1/16

のんびり撮影 2020年初撮影

久しぶりに、カメラを持ち出しドライブ&お散歩撮影をしてきました。   更新が久しぶりになって済みません。   橋   金網 ヒカンザクラ   ハイビスカス   欄干のネジ       まだススキが残っています。     不明   電照菊畑?      

ReadMore

波の上うみそら公園 ライトアップ

カメラ 写真 沖縄

2019/5/12

沖縄県那覇市:波の上うみそら公園 ライトアップ

先日、沖縄県那覇市にある「波の上うみそら公園」の「Cozy Beach Club」にあるライトアップを撮影してきました。 ライトアップというと冬のイメージがあるのですが、この時期でもやっていました。 たまたま近くに来たらやっていたので、三脚は持っておらず、なんとか手持ちで撮影。 カメラはキャノン EOS M5、レンズは「EF35mm F2 IS USM」です。                

ReadMore

WordPress5.2

ブログ

2019/5/8

AFFINGER5EX のWordPressをWordPress5.2へバージョンアップ

当ブログではWordPressに有料テーマAFFINGER5EX( )を使っていて、WordPressが5.2になったので、バージョンアップすることにしました。 データのフルバックアップを5月5日に取っているので、そのまま作業に移りました。   サクッと、WordPress5.2へ。AFFINGER5は新しいエディターに対応していたいのでClassic Editorの設定をしておきます。     今ブログを書いていて気づいた変更点は、メディアの「代替テキスト」の位置が変わった ...

ReadMore

果報バンタ

カメラ 写真 沖縄 観光スポット

2019/4/24

・「果報バンタ」訪問(後編) 沖縄県うるま市与那城宮城 2019/03

EOSM5とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを持って、沖縄県うるま市にある、宮城島へ行って来ました。 キヤノン CANON カメラレンズ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)【キヤノンEF-Mマウント】[EFM18150ISSTM] created by Rinker ¥52,543 (2020/09/24 23:34:31時点 楽天市場調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   所在地などをの ...

ReadMore

果報バンタ

カメラ 写真 沖縄 観光スポット

2019/4/24

・「果報バンタ」訪問(前編) 沖縄県うるま市与那城宮城 2019/03

EOSM5とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを持って、沖縄県うるま市にある、宮城島へ行って来ました。 キヤノン CANON カメラレンズ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)【キヤノンEF-Mマウント】[EFM18150ISSTM] created by Rinker ¥52,543 (2020/09/24 23:34:31時点 楽天市場調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   目的は、絶景と ...

ReadMore

今帰仁里主所火の神

https://md747-dcc.okinawa

カメラ 写真 史跡 沖縄 観光スポット

今帰仁城跡 2018年10月 沖縄県今帰仁村 その08 今帰仁里主所火の神

前記事の続き

前記事
今帰仁城跡 石垣
今帰仁城跡 2018年10月 沖縄県今帰仁村 その07 城壁色々

前記事の続き   撮影機材 キヤノン EOS M5・ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM ...

続きを見る

 

撮影機材

キヤノン EOS M5・ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

 

撮影年月

2018年10月

 

今帰仁里主所火の神

主郭の中には、「今帰仁里主所火の神」があります。

今帰仁里主所火の神

 

今帰仁里主所火の神

今帰仁里主所火の神

赤瓦屋根を詳しく撮影してみました。

今帰仁里主所火の神

 

 

今帰仁里主所火の神

 

今帰仁里主所火の神

今帰仁里主所火の神

 

 

 

今帰仁里主所火の神

この祠は、「今帰仁里主所火の神」と呼ばれ、第二尚氏時代の北山監守一族の火の神が祀られています。北山監守は1665年に首里に引き上げますが、かつての根所(旧住宅)の火の神として崇められていきました。

旧暦八月十日には今帰仁ノロ以下の神人が城ウイミの祭祀を現在も行っています。この日の神の祠は戦後に改築したもので城跡の整備事業に伴い現在地に移されました。祠の中には香炉と火の神を象徴する石が置かれており、今でも門中の行事である今帰仁上がりの重要な拝所として参詣者が絶えません。

 

無料ガイドさんが廻っていて、ちょうどここを開けるところに立ち会うことができました。

石が三つあり、ちゃんと火の神を祀ってありますね。

 

現在のヒヌカン

ヒヌカンは世帯のあらゆることを司る家庭の守護神として信仰され、古くはかまどの後ろに3個の石として祀られたが、現在は台所の一角に香炉、水、塩、生花を供えて祀るのが一般的である。

祭祀はもっぱらその家の主婦が行い、何か願いごとがあれば最初にヒヌカンを拝むほか、家族の誕生、入学、結婚、離婚、死亡などの重要事項もすべて報告し、旧暦各月の1日と15日には、定期的に飯、酒、花、水、線香を供える。

 

沖縄の線香は「平御香」と言って、6本が1まとめとなった線香になっています。

今帰仁里主所火の神

今帰仁里主所火の神

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサードリンク

-カメラ, 写真, 史跡, 沖縄, 観光スポット
-, , , , ,

© 2020 EOS M5 と 沖縄フォト ブログ