2020年初撮り

カメラ 沖縄

2020/1/16

のんびり撮影 2020年初撮影

久しぶりに、カメラを持ち出しドライブ&お散歩撮影をしてきました。   更新が久しぶりになって済みません。   橋   金網 ヒカンザクラ   ハイビスカス   欄干のネジ       まだススキが残っています。     不明   電照菊畑?      

ReadMore

波の上うみそら公園 ライトアップ

カメラ 写真 沖縄

2019/5/12

沖縄県那覇市:波の上うみそら公園 ライトアップ

先日、沖縄県那覇市にある「波の上うみそら公園」の「Cozy Beach Club」にあるライトアップを撮影してきました。 ライトアップというと冬のイメージがあるのですが、この時期でもやっていました。 たまたま近くに来たらやっていたので、三脚は持っておらず、なんとか手持ちで撮影。 カメラはキャノン EOS M5、レンズは「EF35mm F2 IS USM」です。                

ReadMore

WordPress5.2

ブログ

2019/5/8

AFFINGER5EX のWordPressをWordPress5.2へバージョンアップ

当ブログではWordPressに有料テーマAFFINGER5EX( )を使っていて、WordPressが5.2になったので、バージョンアップすることにしました。 データのフルバックアップを5月5日に取っているので、そのまま作業に移りました。   サクッと、WordPress5.2へ。AFFINGER5は新しいエディターに対応していたいのでClassic Editorの設定をしておきます。     今ブログを書いていて気づいた変更点は、メディアの「代替テキスト」の位置が変わった ...

ReadMore

果報バンタ

カメラ 写真 沖縄 観光スポット

2019/4/24

・「果報バンタ」訪問(後編) 沖縄県うるま市与那城宮城 2019/03

EOSM5とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを持って、沖縄県うるま市にある、宮城島へ行って来ました。 キヤノン CANON カメラレンズ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)【キヤノンEF-Mマウント】[EFM18150ISSTM] created by Rinker ¥52,543 (2020/09/30 23:58:06時点 楽天市場調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   所在地などをの ...

ReadMore

果報バンタ

カメラ 写真 沖縄 観光スポット

2019/4/24

・「果報バンタ」訪問(前編) 沖縄県うるま市与那城宮城 2019/03

EOSM5とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを持って、沖縄県うるま市にある、宮城島へ行って来ました。 キヤノン CANON カメラレンズ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)【キヤノンEF-Mマウント】[EFM18150ISSTM] created by Rinker ¥52,543 (2020/09/30 23:58:06時点 楽天市場調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   目的は、絶景と ...

ReadMore

志慶真門郭

https://md747-dcc.okinawa

カメラ 写真 史跡 沖縄 観光スポット

今帰仁城跡 2018年10月 沖縄県今帰仁村 その06 志慶真門郭

前記事の続き

前記事
今帰仁城跡 主郭
今帰仁城跡 2018年10月 沖縄県今帰仁村 その05 主郭と山北今帰仁城監守来歴碑記

前記事の続き   撮影機材 キヤノン EOS M5・ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM ...

続きを見る

 

撮影機材

キヤノン EOS M5・ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

 

撮影年月

2018年10月

 

今帰仁城跡 志慶真門郭

主郭から移動します。

 

門をくぐります。木材で補強していますね。

志慶真門郭

門を出るとすぐに下り坂になっています。昔は、この様に通路が整備されていなかったような。

志慶真門郭

 

志慶真門郭

 

志慶真門郭

 

海の方を望んで。

志慶真門郭

 

志慶真門郭

この郭は志慶真門郭と呼ばれているところで、城内で最もひがしに位置する郭です。

志慶真門郭は昭和55年度~57年度に発掘調査が実施され、その結果、志慶真門郭と大庭との通路石敷が確認されています。郭内の当初の地形は緩やかな傾斜地で、宅地の造成工事により段差を設け、建物の建立がなされています。

建物は、約6m×6mあるいは4m×5m程度の規模で、中に炉跡が見つかっています。瓦が出土しないことから、茅か板で屋根を葺いた堀立柱建物であったと考えられています。また、建物館をむすぶ石敷道や石段なども検出されました。それらの遺構は修景整備がなされています。

出土品には、武具類・陶磁器・装飾品・子供用遊具などがあり、これらの出土遺物により、「家族単位」の生活が営まれていたことが考えられています。石垣は地山を削り、自然の岩を利用して積み上げる工法がなされています。

なお、郭の南側にはかつて志慶真門があったことも明らかになっています。

東方向に向かって、時計回りに撮影

志慶真門郭

 

志慶真門郭

 

志慶真門郭

当時の柱の跡をわかりやすくしているのでしょうか。

志慶真門郭

 

 

志慶真門郭

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサードリンク

-カメラ, 写真, 史跡, 沖縄, 観光スポット
-, , , , ,

© 2020 EOS M5 と 沖縄フォト ブログ