2020年初撮り

カメラ 沖縄

2020/1/16

のんびり撮影 2020年初撮影

久しぶりに、カメラを持ち出しドライブ&お散歩撮影をしてきました。   更新が久しぶりになって済みません。   橋   金網 ヒカンザクラ   ハイビスカス   欄干のネジ       まだススキが残っています。     不明   電照菊畑?      

ReadMore

波の上うみそら公園 ライトアップ

カメラ 写真 沖縄

2019/5/12

沖縄県那覇市:波の上うみそら公園 ライトアップ

先日、沖縄県那覇市にある「波の上うみそら公園」の「Cozy Beach Club」にあるライトアップを撮影してきました。 ライトアップというと冬のイメージがあるのですが、この時期でもやっていました。 たまたま近くに来たらやっていたので、三脚は持っておらず、なんとか手持ちで撮影。 カメラはキャノン EOS M5、レンズは「EF35mm F2 IS USM」です。                

ReadMore

WordPress5.2

ブログ

2019/5/8

AFFINGER5EX のWordPressをWordPress5.2へバージョンアップ

当ブログではWordPressに有料テーマAFFINGER5EX( )を使っていて、WordPressが5.2になったので、バージョンアップすることにしました。 データのフルバックアップを5月5日に取っているので、そのまま作業に移りました。   サクッと、WordPress5.2へ。AFFINGER5は新しいエディターに対応していたいのでClassic Editorの設定をしておきます。     今ブログを書いていて気づいた変更点は、メディアの「代替テキスト」の位置が変わった ...

ReadMore

果報バンタ

カメラ 写真 沖縄 観光スポット

2019/4/24

・「果報バンタ」訪問(後編) 沖縄県うるま市与那城宮城 2019/03

EOSM5とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを持って、沖縄県うるま市にある、宮城島へ行って来ました。 キヤノン CANON カメラレンズ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)【キヤノンEF-Mマウント】[EFM18150ISSTM] created by Rinker ¥52,543 (2020/09/30 23:58:06時点 楽天市場調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   所在地などをの ...

ReadMore

果報バンタ

カメラ 写真 沖縄 観光スポット

2019/4/24

・「果報バンタ」訪問(前編) 沖縄県うるま市与那城宮城 2019/03

EOSM5とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを持って、沖縄県うるま市にある、宮城島へ行って来ました。 キヤノン CANON カメラレンズ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)【キヤノンEF-Mマウント】[EFM18150ISSTM] created by Rinker ¥52,543 (2020/09/30 23:58:06時点 楽天市場調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   目的は、絶景と ...

ReadMore

今帰仁城跡 主郭

https://md747-dcc.okinawa

カメラ 写真 史跡 沖縄 観光スポット

今帰仁城跡 2018年10月 沖縄県今帰仁村 その05 主郭と山北今帰仁城監守来歴碑記

前記事の続き

前記事
今帰仁城跡 大庭
今帰仁城跡 2018年10月 沖縄県今帰仁村 その04 大庭

前記事の続き   撮影機材 キヤノン EOS M5・ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM ...

続きを見る

 

撮影機材

キヤノン EOS M5・ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

 

撮影年月

2018年10月

 

今帰仁城跡 主郭

大庭から階段で上に上がると、主郭に到着します。

 

メモ

1982年から4年間、発掘調査が行われました。発掘調査によって13世紀終り頃から17世紀初め頃まで(築城から廃城まで)の時期変遷を確認することができました。

城内で最も中心的な建物があった場所です。

 

180度回って撮影。

見えないですが、左側に階段があります。時計回りに撮影していきました。

今帰仁城跡 主郭

 

ここに、建造物があったみたいです。

今帰仁城跡 主郭

 

今帰仁城跡 主郭

今帰仁城跡 主郭

こちら側も建物の基礎の石でしょうか。

今帰仁城跡 主郭

 

今帰仁城跡 主郭

右側の石垣の下が、大庭となっています。

今帰仁城跡 主郭

 

火神の祠

これについては、後ほど詳しく写真を載せる予定です。

今帰仁城跡 主郭

 

 

山北今帰仁城監守来歴碑記

県指定文化財

今帰仁城跡 主郭

 

今帰仁按司十世宣謨が、1749年に首里王府から今帰仁城の永大管理と典礼を司る事を許されたことを記念して、故地を顕彰すべく建立しました。今帰仁監守は尚巴志が1416年に山北王を滅ぼした5年後に第二子尚忠を派遣に始まり、その後、尚真王代に第三子尚韶威を派遣し、以後同家が代々世襲で現地の監守を務めました。

碑文の内容は、三山時代の事績から説き起こし、今帰仁按司が今帰仁城を立派に収めたことを記し、後生の子孫に伝えるための顕彰碑となっています。同碑文は保存状態も良く琉球王国時代の地方監守の歴史を知る上で貴重な資料です。

 

碑文大意

 

むかし琉球はいくつもの地域に分裂して治められていたが、最後は北山・中山・南山の三山が鼎立するようになった。そのとき佐敷按司であった尚巴志が立ち、三山を統一したが、北山は険阻でまた人も勇猛、中山からも遠くあり教化するのにも難しい。変乱の生ずる恐れもあるため尚巴志王は自らの次子である尚忠を監守として派遣した。そのご即位した尚徳王は酒に耽り色を好み、遂に臣民に叛かれ、尚円が推戴され王となるが、尚円王も大臣を派遣し監守せしめた。

そして弘治年間、尚真王は第三子である尚韶威を監守として派遣した。これが吾が元祖であり、以来われわれ一族が代々監守職をつとめることとなった。康熙4年になって、七世の向従憲が、命により首里へ居を移すこととなったが、そのごもわが家が今帰仁城と旧跡の典礼を司ってきた。しかし乾隆7年に王府が城域を郡民に授け、典礼も行わせようとした。そこでわたくし尚宣謨が往事の事情等を奏上したところ、これまで通りわが家が城地を管理し典礼を司ることがゆるされた。わが家は元祖の尚韶威から北山を鎮守している、この徳と功はわが家の子々孫々におよぶものである。わたくし尚宣謨は来歴をここに記し不朽のものとする。

皇清乾隆14年己巳秋八月穀旦十世孫 尚宣謨・今帰仁王子朝忠 謹立。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサードリンク

-カメラ, 写真, 史跡, 沖縄, 観光スポット
-, , , , ,

© 2020 EOS M5 と 沖縄フォト ブログ