2020年初撮り

カメラ 沖縄

2020/1/16

のんびり撮影 2020年初撮影

久しぶりに、カメラを持ち出しドライブ&お散歩撮影をしてきました。   更新が久しぶりになって済みません。   橋   金網 ヒカンザクラ   ハイビスカス   欄干のネジ       まだススキが残っています。     不明   電照菊畑?      

ReadMore

波の上うみそら公園 ライトアップ

カメラ 写真 沖縄

2019/5/12

沖縄県那覇市:波の上うみそら公園 ライトアップ

先日、沖縄県那覇市にある「波の上うみそら公園」の「Cozy Beach Club」にあるライトアップを撮影してきました。 ライトアップというと冬のイメージがあるのですが、この時期でもやっていました。 たまたま近くに来たらやっていたので、三脚は持っておらず、なんとか手持ちで撮影。 カメラはキャノン EOS M5、レンズは「EF35mm F2 IS USM」です。                

ReadMore

WordPress5.2

ブログ

2019/5/8

AFFINGER5EX のWordPressをWordPress5.2へバージョンアップ

当ブログではWordPressに有料テーマAFFINGER5EX( )を使っていて、WordPressが5.2になったので、バージョンアップすることにしました。 データのフルバックアップを5月5日に取っているので、そのまま作業に移りました。   サクッと、WordPress5.2へ。AFFINGER5は新しいエディターに対応していたいのでClassic Editorの設定をしておきます。     今ブログを書いていて気づいた変更点は、メディアの「代替テキスト」の位置が変わった ...

ReadMore

果報バンタ

カメラ 写真 沖縄 観光スポット

2019/4/24

・「果報バンタ」訪問(後編) 沖縄県うるま市与那城宮城 2019/03

EOSM5とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを持って、沖縄県うるま市にある、宮城島へ行って来ました。 キヤノン CANON カメラレンズ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)【キヤノンEF-Mマウント】[EFM18150ISSTM] created by Rinker ¥52,543 (2020/09/27 23:47:47時点 楽天市場調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   所在地などをの ...

ReadMore

果報バンタ

カメラ 写真 沖縄 観光スポット

2019/4/24

・「果報バンタ」訪問(前編) 沖縄県うるま市与那城宮城 2019/03

EOSM5とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを持って、沖縄県うるま市にある、宮城島へ行って来ました。 キヤノン CANON カメラレンズ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)【キヤノンEF-Mマウント】[EFM18150ISSTM] created by Rinker ¥52,543 (2020/09/27 23:47:47時点 楽天市場調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   目的は、絶景と ...

ReadMore

ガジュマル

https://md747-dcc.okinawa

カメラ レンズ 写真 史跡 沖縄

4月編 那覇散歩 No.021 壺屋やちむん通り 「南窯(フェーヌカマ)」その3 EF-M22mm F2 STM

「南窯(フェーヌカマ)」

4月もEOS M5 +EF-M22mm F2 STMの組み合わせで、那覇の街撮り散歩をしてきました。

先日アップした「南窯(フェーヌカマ)」の続きです。

窯の後端から、脇の坂を下りていくと、ガジュマルの大木群に出くわします。

Wikipediaより 樹高は20m。実は鳥やコウモリなどの餌となり、糞に混ざった未消化の種子は土台となる低木や岩塊などの上で発芽する。幹は多数分岐して繁茂し、囲から褐色の気根を地面に向けて垂らす。垂れ下がった気根は、徐々に土台や自分の幹に複雑にからみつき派手な姿になっていく。ガジュマルの名の由来は、こうした幹や気根の様子である「絡まる」姿が訛ったという説がある。気根は当初はごく細いが、太くなれば幹のように樹皮が発達する。地面に達すれば幹と区別が付かない。また、成長した気根は地面の舗装に使われているアスファルトやコンクリートなどを突き破る威力がある。こうした過程で、土台となる木は枯れていく(ガジュマルはいわゆる「絞め殺しの木」の一種である)。観賞用に、中の枯れた木を取り除いて空洞状にした木も売られている。枝には輪状の節があり、葉は楕円形または卵形、革質でやや厚く、毛はない。イチジクのような花序は枝先につき、小さい。

向かって右端ですが、ぶら下がった気根が太くなっています。

ガジュマル

ガジュマル

 

坂の下に向かって撮影してみました。

繁りぶりがわかりますでしょうか。

 

 

 

窯の側面が開いていて、焼き物を見ることができました。

この窯は荒焼をしていたそうですが、色づけを指定しない焼き方というりかいで良いのでしょうか。

 

確かに、黒一色しか色が付いていないですね。しかし、この壺?は側面に穴が開いているのですが、どの用途に使われていたのでしょうか。悩みが深くなります。

 

登り窯側面の空気孔と思われる穴

登り窯がある広場から、壺屋やちむん通りを見下ろして。赤瓦屋根を見ると、沖縄!と気分が高まります。

肝心な「南窯」への行き方ですが、壺屋やちむん通りを国際通り方面から東に向かって歩いて行くと左側にこの坂が見つかります。

坂を登ると、右側に入り口があるのでそこを入ってください。

 

観光の穴場?

ここを訪れたのは日曜日でしたが、地味な場所にあるので観光客がそれほどいなく、のんびりと観光できると思います。ここで、休憩がてら訪問されてはどうでしょうか。となりに、趣のある喫茶店&焼き物屋があるのでそこで休むのも良いかもしれません(1度コーヒーを飲みに入ったことがあります)。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-カメラ, レンズ, 写真, 史跡, 沖縄
-, , , , , , , , , ,

© 2020 EOS M5 と 沖縄フォト ブログ