2020年初撮り

カメラ 沖縄

2020/1/16

のんびり撮影 2020年初撮影

久しぶりに、カメラを持ち出しドライブ&お散歩撮影をしてきました。   更新が久しぶりになって済みません。   橋   金網 ヒカンザクラ   ハイビスカス   欄干のネジ       まだススキが残っています。     不明   電照菊畑?      

ReadMore

波の上うみそら公園 ライトアップ

カメラ 写真 沖縄

2019/5/12

沖縄県那覇市:波の上うみそら公園 ライトアップ

先日、沖縄県那覇市にある「波の上うみそら公園」の「Cozy Beach Club」にあるライトアップを撮影してきました。 ライトアップというと冬のイメージがあるのですが、この時期でもやっていました。 たまたま近くに来たらやっていたので、三脚は持っておらず、なんとか手持ちで撮影。 カメラはキャノン EOS M5、レンズは「EF35mm F2 IS USM」です。                

ReadMore

WordPress5.2

ブログ

2019/5/8

AFFINGER5EX のWordPressをWordPress5.2へバージョンアップ

当ブログではWordPressに有料テーマAFFINGER5EX( )を使っていて、WordPressが5.2になったので、バージョンアップすることにしました。 データのフルバックアップを5月5日に取っているので、そのまま作業に移りました。   サクッと、WordPress5.2へ。AFFINGER5は新しいエディターに対応していたいのでClassic Editorの設定をしておきます。     今ブログを書いていて気づいた変更点は、メディアの「代替テキスト」の位置が変わった ...

ReadMore

果報バンタ

カメラ 写真 沖縄 観光スポット

2019/4/24

・「果報バンタ」訪問(後編) 沖縄県うるま市与那城宮城 2019/03

EOSM5とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを持って、沖縄県うるま市にある、宮城島へ行って来ました。 キヤノン CANON カメラレンズ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)【キヤノンEF-Mマウント】[EFM18150ISSTM] created by Rinker ¥52,543 (2020/09/22 11:34:51時点 楽天市場調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   所在地などをの ...

ReadMore

果報バンタ

カメラ 写真 沖縄 観光スポット

2019/4/24

・「果報バンタ」訪問(前編) 沖縄県うるま市与那城宮城 2019/03

EOSM5とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMを持って、沖縄県うるま市にある、宮城島へ行って来ました。 キヤノン CANON カメラレンズ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)【キヤノンEF-Mマウント】[EFM18150ISSTM] created by Rinker ¥52,543 (2020/09/22 11:34:51時点 楽天市場調べ-詳細) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング   目的は、絶景と ...

ReadMore

https://md747-dcc.okinawa

カメラ レンズ 写真 史跡 沖縄

4月編 那覇散歩 No.018 壺屋やちむん通り EF-M22mm F2 STM

ついに、壺屋やちむん通りまでやってきました。

壺屋うふシーサー

ポイント

うふシーサー

シーサーはライオンをモデルとする架空の動物で、その発祥は、古代オリエントやインドだと言われています。長い歳月を掛けてシルクロードを旅し、ここ沖縄には十五世紀頃、琉球王朝の大交易時代に中国から伝わったと言われています。今では、赤瓦の屋根や門柱などにその雄姿を見ることができ、福を招き、邪を払う、家々の護り神として、広く沖縄県民に親しまれています。
壺屋の新しいシンボルである「壺屋うふシーサー」は、那覇の街の守り神として、住む人、訪れる人、行き交う人々を温かく見守っています。いつまでもいつまでも、夢と希望に満ちた明るい未来と人々の幸せ、そして、笑顔の絶えない楽しい暮らしを願いながら。

☆”うふ”は、沖縄方言で「大」や「大きな」を意味しており、他にも「大木」は”うふぎ”、「大人」は”うふっちゅ”と言います。

側におサンボマップがあったのですが、この時は写真を撮っただけでよく見ず。今このブログを書きながら見たら、まだいったことがないところが色々ありました。機会があったら、行ってみたいと思います。

ここで次に行く場所を決めるのも良いかもしれません。

 

壺屋やちむん通りの途中にある「沖縄県文化財指定”南窯(ふえーぬかま)”」

 

壺屋の荒焼のぼり窯附石牆 焼き物のまち壺屋は1682年それまで美里間切の知花、首里の宝口、那覇の湧田にあった3カ所の窯場を統合したのに始まる。 この窯は拝領窯の一つと伝えられており「南窯(フェーヌカマ)」と呼ばれ現存する荒焼窯で唯一のものである。 おもに、酒甕、水甕、厨子甕等の荒焼を焼いている。 長さ約20M、幅約3Mで傾斜地を利用してカマボコ型に粘土で塗り固めてある。内部は屋根にあたる部分に支柱を設けてあるが間仕切りはなく、トンネル状になっている。また窯を覆う赤瓦の屋根は耐火性を考慮して琉球石灰岩の石柱で支えてある。 なお石牆とは、窯の周囲を囲む琉球石灰岩の切石積みの石垣のことで、窯を保護する役目を持っている。

 

それでは、登り窯の写真の方へ。

 

なんとか全体像がはいりました。

細かい写真は次回に。

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-カメラ, レンズ, 写真, 史跡, 沖縄
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 EOS M5 と 沖縄フォト ブログ